子供用エプロンの作り方TOP
スポンサードリンク

子供用エプロンの作り方

子供用のエプロンの作り方を紹介します。
子供向けに紐は使わずにゴム紐を使って自分で着られる工夫、可愛いエプロンの作り方のポイントを説明します。

トッキュウジャーのエプロンの完成
(トッキュウジャーのエプロン)

ハピネスチャージプリキュアエプロンの完成
(ハピネスチャージプリキュアのエプロン)

首・腰部分の工夫

紐を結ぶのはなかなか難しいし、動き回ればズレて外れてしまいます。
そこでゴム紐を使って自分で着れて、邪魔にならないようにしました。

首・腰部分の工夫

首と腰紐のつけ方

2枚合わせの生地でエプロンを作る場合は間に挟んで縫いつけますが、1枚生地でエプロンを作る場合は、三つ折りした生地に挟んで縫いつけます。

<1枚生地で作る場合>

@三つ折りした生地の間に挟んで縫いつけます。

三つ折りした生地の間に挟んで縫いつける

A上に折り返してさらにミシンをかけて押さえます。

ミシンをかけて押さえる

Bゴムの場合など補強するためには、四角かバツに縫って補強しましょう。

四角かバツに縫って補強

☆印から横へ。次にハート印から「上→斜め→上→斜め→横」に縫ってバツを作ります。

四角く縫う

そんなに負担のかからない場所では四角だけでも十分だと思います。

ギャザーの作り方

女の子向けのエプロンならば、ギャザーをつけるだけでフリフリの可愛いエプロンになります。

はじめに、上糸と下糸の色を変えておくと解りやすいです。
後でとってしまうので、何色でもOK。

1、ギャザーを寄せる生地と、本体に印をつける。

(中心と1/4の箇所。大きさによって適度に入れる。)

ギャザーを寄せる生地と、本体に印をつける

2、上糸の調子を弱く(ゼロに)する。

「標準」→「0」

「標準」→「0」

3、針の縫い幅を大きくする。

「1」→「2」

「1」→「2」

4、縫い代の部分に1度、その間にもう1度、2回縫う。

2度縫った方がギャザーが綺麗に寄ります。

2度縫った方がギャザーが綺麗に寄ります

5、下糸を引っ張り、本体と同じくらいの長さになるくらいにまでギャザーを寄せる。

※縫い終わりの糸は長く残す。糸を引っ張るため。

上糸を薄いピンク、下糸を濃いピンク色にしたので、濃いピンクの糸を引きます。

6、最初につけた印を目印に本体とギャザーを寄せた生地を中表にまちばりで留めて、合わせます。

ギャザーが均等に入るように整えてください。

ギャザーが均等に入るように整える

7、上糸の調子と縫い幅をもとに戻し(糸を変えていたら糸も直す。)、内側を縫います。

内側を縫う

8、ギャザーを寄せるために縫った2本の糸を引っ張って抜きます。

9、生地を広げて、端を表から縫って押さえれば出来上がりです。

端を表から縫って押さえれば出来上がり

レースのつけ方

裾などにレースをつければ、女の子なら気分が上がること間違いなし。すぐにでもお姫様になれるエプロンにはレースを。

まずは用途によってレースの端処理を行ってください。(三つ折り等)

1、レースと生地を中表に合わせて縫います。

レースと生地を中表に合わせて縫う

2、生地を広げて、表から縫って押さえます。

表から縫って押さえる

ふちどりテープのつけ方

バイアステープの種類でふちどりテープを使うと端を飾るのにとても便利です。
ふちどりテープはダブル折りになっているので、そのまま生地を挟んで縫うことができるので簡単です。

スタンダードなバイアステープ(両折れタイプ)

スタンダードなバイアステープ

両はじが折れているものです。ふちどり縫いや見返し縫いをして使います。

ふちどりテープ

ふちどりテープ

ふちどり専用のバイアステープです。スタンダードな両折れタイプをさらに内側に折ってあるので、そのまま生地を挟んでふちどりを縫うことができます。

アイロン両面接着テープ

縫うことが難しい場合には、両面接着テープを使えばアイロンで簡単に生地を貼ることが出来ます。
クモの巣状のテープです。

クモの巣状のテープ

<剥離紙なしのアイロン両面接着テープ>

テープを必要な長さで裁断し、生地と生地の間に挟んで上からアイロンで30秒ほど押さえるだけで接着することができます。

アイロンで30秒ほど押さえるだけ

<剥離紙ありのアイロン両面接着テープ>

アイロン両面接着テープを生地に貼りつけ、剥離紙の上からアイロンで接着。
剥離紙を剥がして、接着させる生地を重ねてアイロンで接着させます。



トッキュウジャーのエプロンの作り方

簡単なエプロンにトッキュウジャーのワッペンを縫い付けて、トッキュウジャーのエプロンにしました。
フェルトを使えば、縫い付けるだけで簡単にコスプレすることが出来ます。

・生地の色

1号・・・赤
2号・・・青
3号・・・黄
4号・・・緑
5号・・・ピンク

・ゴム紐(太さはお好みで幅1.5cm〜3.0cmくらい)

色は黒などお好みで

・糸



生地にあった色

・フェルト


・アイロン、コンパス、定規

トッキュウジャーエプロンの図面

慎重約85cmの2歳半の男の子のサイズです。
子供の体に合わせてサイズを調整してください。形だけ参考にどうぞ。

エプロン図面

子供の体に合わせてサイズを調整

電車の線路の模様と胸の番号をフェルトで縫い付けます。
線は真っすぐになるように二本のバランスを取ります。

胸の番号をフェルトで縫い付ける

生地を裁断

・エプロン本体生地

子供の体に合わせてサイズを調整してください。

・トッキュウジャーのマーク

トッキュウジャーのマークは作るエプロンの大きさによって、バランスを見てください。

1、円の部分のサイズを決めて、白と黒のフェルトを裁断する。白いフェルトは少し小さめするのがポイント。

円の大きさ

さらに白いフェルトは12等分する。

白と黒のフェルトを裁断する

2、切り取った真ん中の部分を使って、数字を切り取る。
黒地に白で数字を切り抜き、上に乗せます。

数字のポイント

赤い丸の部分を少し丸くすることがポイントです

3、(線路の部分)2cm幅の帯状に切る。白の幅は黒よりも少し小さめにして、長さを8等分にする。

白の幅は黒よりも少し小さめにして長さを8等分

トッキュウジャーのワッペン(マーク)を縫い付ける

最初にマークを縫い付けてから、エプロンを作ります。

1、黒いフェルトを胸に縫い付けてから、白いフェルトを等間隔に乗せて縫い付けます。

白いフェルトを等間隔に乗せて縫い付ける

2、繰り返し縫い付けていけば出来上がりです。
糸も同色を使えば目立ちませんのでハジを縫うことよりも、針が落ちないよに気をつけます。

繰り返し縫い付けていけば出来上がり

マークが縫いつけられたら、エプロンを縫います。

エプロンを縫う

1、エプロンの周りを三つ折りして、アイロンで折り目をつけます。

アイロンで折り目をつける

2、両脇と下の部分を縫います。

3、首と横の部分を縫うときに、ゴム紐を間に挟んで縫い合わせます。

ゴム紐を間に挟んで縫い合わせる

4、ゴム紐を反対側に折り返して固定します。

ゴム紐反対側に折り返して固定

5、ゴム紐をしっかり付けるために、四角かバツに縫って補強しておくといいでしょう。

四角かバツに縫って補強

トッキュウジャーのエプロンの完成

トッキュウジャーのエプロンの完成

ハピネスチャージプリキュアのエプロンの作り方

(キュアラブリー)

エプロンの作り方を駆使すれば、可愛いプリキュアのエプロンも作ることが出来ます。
首と腰部分はゴムで。レースとギャザーをつければすぐにプリキュアに変身です。

ハピネスチャージプリキュアのエプロン

ハピネスチャージプリキュアのエプロンに必要な材料

・生地

ピンク(スカート・リボン)
白(胸部分の裏地)
紺(胸部分 ベスト)

・リボン

白(リボンに付ける柄の線)

・レース

スカートの裾、ベストの裾、衿元

・ふちどりテープ

黄色

・フェルト

ピンク(衿)
黄色(胸のハート)

・接着テープ

・ゴム紐
ピンク 2cm幅

・糸


ピンク
黄色
紺色

リボンで代用したり、立体にせずに簡単にフェルトで代用することもできると思います。材料は参考までに。

ハピネスチャージプリキュアのエプロン図面

ギャザーつけ、ベストを被せて見せるために生地3枚(ベスト、裏地、スカート)を組み合わせて作りました。
身長約110cmの5歳の女の子用のサイズです。参考までにどうぞ。

ハピネスチャージプリキュア図面

生地を裁断

基になる3枚(ベスト、裏地、スカート)の生地の大きさを決めてから、パーツの大きさを決めていくといいと思います。
型紙を作り、大きさのバランスを見ながら進めます。

生地を裁断

エプロンを縫う

1、スカートにレースをつける。

スカートとレースを中表に合わせ、縫いつけます。

縫いつける

広げて表から縫って押さえます。

表から縫って押さえる

2、ギャザーを作ります。

スカートと、裏地に印をつける。
(中心と1/4の箇所。大きさによって適度に入れる。)

スカートと裏地に印をつける

上糸の調子を弱く(ゼロに)して、針の縫い幅を(「1」→「2」)大きくする。

針の縫い幅を大きくする

針の縫い幅を大きくする

スカートの縫い代の部分に1度、その間にもう1度、2回縫う。(2度縫った方がギャザーが綺麗に寄ります。)

その間にもう1度、2回縫う

下糸を引っ張り、本体と同じくらいの長さになるくらいにまでギャザーを寄せる。
※縫い終わりの糸は長く残す。糸を引っ張るため。

裏地とスカートにつけた印を目印に生地を中表にまちばりで留めて、合わせます。ギャザーが均等に入るように整えてください。
※縫い付けます始めと終わりは縫い代分を縫わないでおく。最後に縫います。

内側を縫う

上糸の調子と縫い幅をもとに戻して内側を縫います。

ギャザーを寄せるために縫った2本の糸を引っ張って抜き、生地を広げて、端を表から縫って押さえます。

端を表から縫って押さえる

3、ベストの飾りをつけます。

ふちどりテープを縫いつけます。
生地をふちどりテープの間に挟んで縫います。
えり(上部)以外全部

生地をふちどりテープの間に挟んで縫う

レースをすそとえり元につけます。

レースを裾と衿元につける

えりを縫いつけます。
型紙を作り、大きさを決めてからピンクのフェルトでえりを作ります。

衿を縫いつける

4、飾りのパーツを作ります。

・リボンを作る。

ピンクの生地でリボンを作ります。
大きさを決めたら縫い代を考えて大きく裁断します。
型紙を作ってバランスを見ながら大きさを決めていきます。

ピンクの生地でリボンを作る

中表に縫い、裏返して形を整えます。
(写真は7cm×40cmの生地を使いました。)

裏返して形を整える

白いリボンを使って柄を入れます。

白いリボンを使って柄を入れる

・胸のハートのマークを作る。

型紙を作り黄色のフェルトをカットします。
(ハートの容器で型をとりました。ハート大小、リボン)

型紙を作り黄色のフェルトをカット

5、全てのパーツが出来たら縫い合わせていきます。

裏地とスカートの縫い代部分にアイロンをかけて折り目をつけます。裏地とスカートでは折り目が反対側になることに注意します。

裏地とスカートの縫い代部分にアイロンをかけて折り目をつける

ゴム紐を挟み込みながら、周囲を縫い合わせます。

周囲を縫い合わせる

周囲を縫い合わせる

ベストのすそと裏地のつく部分に接着テープを貼り、アイロンでつける。
赤い部分に接着テープをつけます。

アイロンでつける

左右のバランスを見ながらリボンとハートを順に縫い重ねていきます。

リボンとハートを順に縫い重ねていく

ハピネスチャージプリキュアエプロンの完成

ハピネスチャージプリキュアエプロンの完成

スポンサードリンク
Copyright (C) 子供用エプロンの作り方. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。