子供用エプロンの作り方TOP ≫  エプロンの作り方 ≫  子供用エプロンの作り方

子供用エプロンの作り方

スポンサードリンク

子供用のエプロンの作り方を紹介します。
子供向けに紐は使わずにゴム紐を使って自分で着られる工夫、可愛いエプロンの作り方のポイントを説明します。

トッキュウジャーのエプロンの完成
(トッキュウジャーのエプロン)

ハピネスチャージプリキュアエプロンの完成
(ハピネスチャージプリキュアのエプロン)

首・腰部分の工夫

紐を結ぶのはなかなか難しいし、動き回ればズレて外れてしまいます。
そこでゴム紐を使って自分で着れて、邪魔にならないようにしました。

首・腰部分の工夫

首と腰紐のつけ方

2枚合わせの生地でエプロンを作る場合は間に挟んで縫いつけますが、1枚生地でエプロンを作る場合は、三つ折りした生地に挟んで縫いつけます。

<1枚生地で作る場合>

@三つ折りした生地の間に挟んで縫いつけます。

三つ折りした生地の間に挟んで縫いつける

A上に折り返してさらにミシンをかけて押さえます。

ミシンをかけて押さえる

Bゴムの場合など補強するためには、四角かバツに縫って補強しましょう。

四角かバツに縫って補強

☆印から横へ。次にハート印から「上→斜め→上→斜め→横」に縫ってバツを作ります。

四角く縫う

そんなに負担のかからない場所では四角だけでも十分だと思います。

ギャザーの作り方

女の子向けのエプロンならば、ギャザーをつけるだけでフリフリの可愛いエプロンになります。

はじめに、上糸と下糸の色を変えておくと解りやすいです。
後でとってしまうので、何色でもOK。

1、ギャザーを寄せる生地と、本体に印をつける。

(中心と1/4の箇所。大きさによって適度に入れる。)

ギャザーを寄せる生地と、本体に印をつける

2、上糸の調子を弱く(ゼロに)する。

「標準」→「0」

「標準」→「0」

3、針の縫い幅を大きくする。

「1」→「2」

「1」→「2」

4、縫い代の部分に1度、その間にもう1度、2回縫う。

2度縫った方がギャザーが綺麗に寄ります。

2度縫った方がギャザーが綺麗に寄ります

5、下糸を引っ張り、本体と同じくらいの長さになるくらいにまでギャザーを寄せる。

※縫い終わりの糸は長く残す。糸を引っ張るため。

上糸を薄いピンク、下糸を濃いピンク色にしたので、濃いピンクの糸を引きます。

6、最初につけた印を目印に本体とギャザーを寄せた生地を中表にまちばりで留めて、合わせます。

ギャザーが均等に入るように整えてください。

ギャザーが均等に入るように整える

7、上糸の調子と縫い幅をもとに戻し(糸を変えていたら糸も直す。)、内側を縫います。

内側を縫う

8、ギャザーを寄せるために縫った2本の糸を引っ張って抜きます。

9、生地を広げて、端を表から縫って押さえれば出来上がりです。

端を表から縫って押さえれば出来上がり

レースのつけ方

裾などにレースをつければ、女の子なら気分が上がること間違いなし。すぐにでもお姫様になれるエプロンにはレースを。

まずは用途によってレースの端処理を行ってください。(三つ折り等)

1、レースと生地を中表に合わせて縫います。

レースと生地を中表に合わせて縫う

2、生地を広げて、表から縫って押さえます。

表から縫って押さえる

ふちどりテープのつけ方

バイアステープの種類でふちどりテープを使うと端を飾るのにとても便利です。
ふちどりテープはダブル折りになっているので、そのまま生地を挟んで縫うことができるので簡単です。

スタンダードなバイアステープ(両折れタイプ)

スタンダードなバイアステープ

両はじが折れているものです。ふちどり縫いや見返し縫いをして使います。

ふちどりテープ

ふちどりテープ

ふちどり専用のバイアステープです。スタンダードな両折れタイプをさらに内側に折ってあるので、そのまま生地を挟んでふちどりを縫うことができます。

アイロン両面接着テープ

縫うことが難しい場合には、両面接着テープを使えばアイロンで簡単に生地を貼ることが出来ます。
クモの巣状のテープです。

クモの巣状のテープ

<剥離紙なしのアイロン両面接着テープ>

テープを必要な長さで裁断し、生地と生地の間に挟んで上からアイロンで30秒ほど押さえるだけで接着することができます。

アイロンで30秒ほど押さえるだけ

<剥離紙ありのアイロン両面接着テープ>

アイロン両面接着テープを生地に貼りつけ、剥離紙の上からアイロンで接着。
剥離紙を剥がして、接着させる生地を重ねてアイロンで接着させます。



スポンサードリンク
Copyright (C) 子供用エプロンの作り方. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。